2011/07/30

三つ編み、香港










三つ編みが出来るようになった。
ちょっと飛び出ちゃってますが。



まいご中国語版の話をしていて
広東語では私の絵本の題名はどう
訳されていたのか見る為、昨年の
今頃に開催されていた香港での 
3人展の写真を久しぶりに見る。
上の写真は「 Milk 」の取材中に、 
現地スタッフの M さんが撮影して
くれた写真。最近の写真と見比べ、
1年で、 ひとの髪は三つ編み3個 +α 
のびるんだな」などと思う。   







齊齊POPUP港日潮創展の搬入のようす。
(再掲載写真)。木の脚立に乗ったまま
カニ歩きするお兄さんに目を丸くした。
動画、撮りたかった…(笑)。    




1F(日本の2F)での展示は、立体的な
作品。ステラさんの本を切りました。 





なんだかんだで1F(香港ではイギリス式に"ground floor")の展示の写真は初公開かも、
ことしの中央公論新社の図書目録の原画も、先行公開で?香港で展示されていたんです。

★香港関連のブログ記事はこちら:tsujikeiko.blogspot.com/search/label/Hong%20Kong








2011/07/28

切り絵・制作@カワウソ








またカワウソへ。写真家の大沼ショージ
&萬田康文の事務所・兼・画廊。ふと、 
私の切り絵の制作風景が見てみたいって 
ショージ君が言ってたなあ、と思い出し、
そこにあったハサミとチラシで、お見せ 
しました。よろこんでもらえてよかった。




カワウソでは31日迄、成田久さんの展示
「洗濯物」開催中。展示で販売されている
ブックの写真はカワウソのヌシの一人、
萬田さんの手によるものです。成田さん
にはお会いできませんでしたが、家に 
戻ってから、画像検索をしたら「ああ!
金沢で個展したときに素敵なチラシを 
もって帰ったこの展示の方か!」と  
気づきました。ぱらぱらあちこちに  
落ちているビーズが、しゅっ!と   
糸で繋がったような気持ちよさです。




机の上にあった本は「猫の本棚」。大沼
ショージさんが手がけた活版画が装幀に
登場しています。かわいいなあと思って
いて、ふと後ろの活版印刷のコーナーを
見るとそこに、この絵の版下が!   




ロボ猫みたいで、迫力があるね。感動。




猫の本棚

^ ^
〜 °:° 〜






おなじく机の上にあったスタンプ台は
中国製のようで、裏ぶたに書かれた 
文字も、なんだか漢詩のように四文字
づつ、ぴしっと整列してました。  





 0 3 8 9 1 6
7 4 № ½ . 2 5

 



猫の活版画に影響されてか、スタンプで
女の子を描いてみた。数字製の女の子。
「ナンバー・ガール」?ちなみに、落書き
(落「スタンプ」?)しちゃったチラシは
カワウソの上の階にあるサルビアで開催
の「夏のノミモノと白樺かご展」の。 




これからどこかで花火大会があると、 
いそいそと浴衣に着替えるショージ君。
帯の結び方を iPhone で調べるっていう
光景も、なんだか愉快でした。    






大沼コレクションと思しき、昆虫標本の
羽にもうっとり、みとれる。昨年は、 
蝉関連の展示「セミノミセ」で、セミの
写真で絵を作ったなと思いだしながら。










今年は蝉の鳴き始めが少し遅いけど、ちょっとづつ鳴き声が聞こえるように 
なってきましたね。「地震の影響ではないか」など不安な説も読んだので、 
これほど「蝉の声がききたい」と思う夏はなかったように思います。    








〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜










安曇野のバナナムーンで個展開催中。いよいよ、8.16まで!
・切り絵掲載: tocototo野性時代、中央公論新社の図書目録
・絵本「かくれたかたち 1 2 3」が書店で取寄せ可能なのは8月末まで!    
8.20〜21は日光珈琲で絵葉書取り扱いです! 



2011/07/26

映画「ちいさな哲学者たち」







ちいさな哲学者たち」という映画を   
観てきました。4才児に、哲学の授業を 
する様子を撮ったドキュメンタリーです。
プログラムの装幀画は MAYA MAXX さん。 







考えるためのロウソクに火を灯し、「愛とは?」とか「自由とは?」とかを議論する。  
大人にくらべて語彙は少ないのだけど、大きなテーマを自分の経験に引き寄せて語る   
様子は本当に興味深かったです。小さな頃、何かあると母がよく理由をきいてくれた   
ことを思い出しました。なぜ?なぜなら…】という言葉が頭に残った作品でした。 

” ほかのひと "が決めた物事の定義や価値観にとらわれず、【自分で考えられるかどうか】
いうことは、たとえば第二次世界大戦中に国策に同調して、国民の多くが戦争することを 
受け入れたとき、え?戦争なんか、やめとこうよ…と考えられたどうか、ということにも 
関わってくる気がします。もちろん、少数派は非国民、とか揶揄されて、たいへんだった。
→ " ほかの大勢 " と違う事は、ちょっと生きにくい?ということにもなりうるんだけれど。 





メモを取りながら観て、上映後、明るい
ところで眺めたら…。よ、読めない…。 
後日、両面6枚にわたる走り書きを、 
両面2枚に要約しなおしました。ま、 
プログラムを買ったのでいいんだけど、
なんとなく書き留めたくなる言葉が  
あったんです。たくさん。      






余談ですが映画のあと、近場で適当に入った店の内装がサーカスっぽくておもしろかった
です。写真だとわかりづらいですが、ライオンやら象がおります(もちろん作り物の)。
ちいさな哲学たちに影響されたのか、命についてなど話しあう、歳児たちでした。  









2011/07/23

涙カフェと、阿波おどり









友人のロナが発起人の Namida Project が、
世田谷の「経堂まつり」にあわせて開催して
いる涙カフェに行きました。       




涙プロジェクトはデザイナーや写真家など
日本在住の外国人を中心に構成されていて
震災の被害者(とくに子ども達)の生活を
支えるのが主な目的。シンボルの涙は、 
悲しみから立ち直り、いつの日か喜びの涙
を、という意志を表しているそう。   
署名や、スライドショーの上映、募金など
入場無料でフリードリンクやスナックも。
明日も開催されます。詳細はこちら。  




*追記/涙プロジェクトのフェイスブックページでのレポート、詳細:  
↓                               




なんと、この日の夜は湯川潮音さんが演奏を
してくれました。何と贅沢な!「生きていて
良かった」という歌詞の曲は、聴いていて 
涙がにじみました。感動を伝えに&写真掲載
許可を頂くべくご挨拶したら昨年もみじ市
ご一緒したからか(?)私の名前を聞いた 
ことがあるかも、と。うれしかったです。 
   このブログ記事の一番下の動画には演奏風景は
入れていませんが、潮音さんが演奏を終えた
あとの可愛らしい笑顔が写っています。  



「深夜高速」はカバー曲。原曲はこちら。↑  
潮音さんの繊細な声で聴くこの曲も、力強い
原曲も、大好きです。♪ 生きてて良かった ♫


深夜高速-生きててよかったの集い-

潮音さんが歌う「深夜高速」は、この
コンピレーションアルバムで聴けます














Namida Project 発起人のロナ(私の友人)
の娘さん、写真家でモデルの東野翠れんさん
(写真・右)は、湯川潮音さんのアルバムの 
ジャケット写真も撮っているんですよ。  
左にいるのは、モデルの高橋真理さん。  
Namida Project にも関わるデザイナー・ 
Edwina Hoerlさんのショーにマリさんが  
出ていたり、色々なつながりが。     





いつも自分の写真を撮り忘れるので、マリさんと並んで
鏡で、ぱちり。ボケボケの写真ですが、想い出に。  

*Namida Projectによる土曜日のレポートはこちら。 
みんなが、「今日がある」ことを喜び合う夜。という
キャプション付きの写真で屈んでいるのが私です。 
いちばん下の写真では、浴衣の女性の隣に居ます。 





ちょうどこの日の朝、ノルウェーでの爆発
・乱射事件で80人以上の方が亡くなったと
いうショッキングなニュースをみました。
★ニュース動画には流血シーンもあるので
苦手な方は再生しないでください  





爆発があった町には1人、私の友人が居ます。幸いその人とは
すぐ連絡がとれて、無事が確認できました。でも爆発が起こる
数時間前に、その辺りを通ったそうです。人はいつ、何に巻き
込まれていなくなってしまうのか、生きていられるのか紙一重
です。もう一つ身にしみて感じたのは、地震や事件など惨事が
起こった国や地域に、たった1人、友人が居るだけでも、これ
だけ心配になるのだという事。「国際化」は単に商業の裾野を
広げることではなく異国の人のことを他人ごととせず、人間 
らしく接する心情としてあるべきなのかも。Namida Project 
関わる外国人の皆には、私の【ノルウェー人・1人】よりも
ずっと多くの日本人の家族がいる。きっとNamida Project
メンバー達は、今朝の私がノルウェーのニュースで感じたよう
【母国ではない国だが 他人ごとでない】大切人がいる国として
日本を捉え自分出来ることを行動しようとしているのだろう
なあ…と、すとん、と理解できたような気がしました。それは
国内も同じ。あまり東北に知り合いがいなかった私も、6月に
あと初めて会津にいったあと、東北を近しい存在に感じます。



*Namida Project 発起人のひとり、スコットさんの
文章→こちらをどうぞ。    (8/3追記)









*おまけ*






この日は、会場の so+ba がある町・経堂でお祭りが開催されていました。阿波おどりって
なんか、ぐっとくるんだよねえとマリさんに話しつつ、踊りの列を追い越し、人混みを  
すりぬけて会場と駅の往路・復路を歩きました。so+ba に置いてあった動物の置きものを 
なんとなく一列に並べたくなったのは、列を作って踊る人々の景色のせいだったのかも。 




  



のこりの写真は、Facebookのアルバムで!











LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...