2013/05/31

台湾の封筒から、猫






岩合さんの展覧会チケットが無茶苦茶かわゆい。漢字がいっぱい書いて
あるのは台湾の封筒。いただきものですが、たまたま、打ち合わせで 
同席していた方も台湾にかかわりがあり、懐かしい!と色々、台湾話を
伺う。(台湾話は写真ひとつ飛ばして続きます)。猫チケットを、この
封筒入りで頂くタイミング、その方に会うタイミングの妙。     



にょきっ。

かわゆさにやられて、早速出かける。出口を出たところに、サイン会の
ような感じでなんと、御本人もおられました。遠巻きに見る。展覧会は
大盛況でした。テレビで(映像で)みたハバナの迷い猫の写真もあり。
どこの猫だったか、覚えておかなくちゃ。と「ハバナ」と頭のなかで 
復唱するとき、脳内で「ハバニャ」と変換されて苦笑い。  (ΦωΦ) 


…で。     
台湾話に戻ると、



台湾の猫写真家「猫夫人」の展覧会が7月に新宿で開催されるそうです。
以前ブログで紹介した翻訳家の天野さん訳した猫夫人の本「猫楽園」が
の出版に合わせた展覧会。本の帯は「ビバ!プリントゴッコ展」でご一緒
した麻生ハルミンさん。世の中、せまい。先述のとおり、今日はたまたま
台湾出身の方を交えた打ち合わせ。仕事話の後に、この案内状をお見せ 
したら、「この写真が撮られたのは寺ですね」と言う。何で分かるのか 
不思議だったのですが、猫の足元の赤い物 (詳細)で分かったそう。 
そういえば、シンガポールのお寺で見たかも。どういう使い方なのか、 
全然わかっていなかったけれど。                 





帰り道、小さな街のマーク(家がモチーフ)にみえた黄色い矢印 @ 神田駅









イースト・プレス
発売日:2013-06-15




2013/05/30

ミニカード・後半カレンダー






京都・三重での個展「あるでんててん」用のミニカードを準備中。
ピンク色の封筒は6種類あるミニカード各種、3~4枚づつ。残りは
白です。ふきだしとウサギのカードはこのように目鼻口を入れても
可愛いですよ。吹き出しにメッセージも入れられます。     



ふと思いついて、少数ですが、こんなものも作ってみました。
2013年・後半のみのカレンダーです。展覧会は6月からだし、
関西ではカレンダー取り扱いなかったな。と思って。    



中身はこんなかんじ。*あるでんててんには来られない方、
こちらで通販も可能です(お値引き中です)。      












本とお父さん








フレーベル館「がくしゅうおおぞら」の付録(保護者用小冊子)み・つ・け・た
表紙を担当しています。写真の作品は、10月号でご覧いただける予定です。保護者  
(両親)用の冊子とはいえ、お母さんの登場率が多くなってしまっているな、と今回は 
お父さんに出てきてもらいました。父の日ももうすぐですね。今年は6.16だそうです。




2013年10月号の表紙はこちら!来年3月号まで題字と装幀画を担当します。









2013/05/29

梅雨入り






東京も本日、梅雨入り。しとしと雨。降ったり止んだり。





そうそう、数日前に見かけたお寺の看板もこう言ってた。





湯島の雑貨店 nico で品切れになっていた絵本「かくれたかたち 1 2 3」を納品に
でかける。早く買わないとなくなるよ!と急かすのはすきではないけれど、本当に
数少なくなってまいりました。あんなに沢山あったのに。…欲しい方、お早めに!




雑貨の買い付けの旅から戻ったばかりの nico 店主より、タイ(Thailand)土産いただく。
小さいキャラメルが4つ、個々に包装されているのをさらに紙で巻き、ウサギの柄が入った
紙を上から巻いている。ウサギもかわいいけど、包み方に感動。味は食べてのお楽しみ。 










2013/05/28

鯉・熊・猫








車窓から見て「なんだあれは」と思っていた銭湯「なみのゆ」の鯉のぼりが近くで
見られました。雨の予報のせいか、夕方には降ろされていた。見られてラッキー。





サイコロへ、熊谷聖司さんの展覧会「肖像」をみにゆく。「K for KIRIE」のときに撮って
下さった、私の写真も並んでました。胸に、紙で作った黄色い花つけて。大きなカメラの
中は天地逆に写っていて、いったいどうやってフレーミングするんだろうと思う。   




見つめていたら、「しょうがないわねえ」って感じで近づいてきてくれた猫の鼻の感触。
ぴとっ。ひんやり。帰り道も、網戸越しに目が合った。               










2013/05/27

カエルの歌








緑が美しい季節です




カエルの歌が聞こえて
しばし、立ち聞き。 
東京では、なかなか 
聞く機会がない。  









今日は家で挿絵仕事。「よし!つくるぞ!」とサイズを図るべく定規を
出したつもりが、コレだった時の「君じゃない」感。父から譲り受けた
目盛りのない定規、調べてみたら製図用らしい。          





制作ふたつ終えてから、下町散歩。根津のカフェNOMADでは、  
K for KIRIE」や、私にとって初の絵本かげはどこ」(木坂涼 作、
辻恵子 絵)も本棚にあります。探してみてくださいね。     





2013/05/26

うさわ








roll からのびっくりプレゼント、「うさわ」。わーっ。なんでまた、
こんなのつくったのっ?」と口をでた(「こんなの」って。ね、言葉は
わるいけれど)。頼まれたわけでなく、作ってみようとおもって、と 
いうようなこと、rollのチヒロさんが言っていて、切り絵に関する FAQ 
(よく尋ねられる質問)と同じと気づく。自発的に・思うがままに作ろう。





ほほえんで、輪をつくるウサギたち。崩さずにずっと見ておきたい

くらいだけれど、チヒロさんのクッキーは美味しいから早く食べた
ほうがいい、とは、見せびらかした人からの助言でした。    





「うさわ」ごしに自分撮りしてしまったりして。お名残惜しいが食します。










食べかけのチョコレートプリンの上に三日月 ☽    
三日月というには、ちょっと太い。底のカラメルも   
お忘れなく。アルミのケースの底をクシュクシュすると 
簡単に取れます。べっこう飴のように、ほろ苦くて美味。




Hanako (ハナコ) 2013年 6/13号 [雑誌]


roll だけに、「ロール」
ケーキも好評。発売中の
Hanakoにも紹介されて
います。       






(私の絵本も置いて頂いています)こそっ。 
窓際のチラシおきばには…       





であるとあるで・谷川俊太郎 & 賢作のCD「あるでんて」のチラシも。
辻恵子が CDジャケットの絵を担当しています。原画は来月、京都と 
三重での個展「あるでんててん」で展示しますよー。        









2013/05/24

「あるでんててん」でも「K for KIRIE」








来月、メリーゴーランド(京都→三重)での個展「あるでんててん」でも販売する
K for KIRIE」に値札をつけています。裏返さなくてもシリアルナンバーが  
分かるように、4月の個展会場のオーナーが書いてくれたのをお手本にして。  
 
 *



K for KIRIE」は、初の自主企画の出版物。春の個展で初お披露目をし、
京都・三重での発売は初めてです。切り絵を切る手元の写真や、作品、
雪舟えまさんの短歌と文章で構成されています。初版300部。個展に 
お出かけの際はぜひご覧下さいね。                


 *



展覧会についての詳細はこちらをクリック






ノノホとコーセイ原画が帰宅







ノノホとコーセイのCD用のアートワークが帰宅。お帰り〜!
「ラララのダンス」の発売日などについては後ほど。最近の 
お知らせとしてはフェイスブックページができたようです。






2013/05/23

ウサギと遭遇









ウサギに遭遇しました。





ウサギさんと(料理研究家の)塩山奈央さん。





会うのは何回目だろうね、抱っこするのは初めてね。
かわいくて、ふわふわで、メロメロでした。    








ちょこっとご紹介、
塩山奈央さんの本
       ↓


日々、まめまめしく。 (チルチンびとの本) まめまめしい暮らし。 発酵食をはじめよう


LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...