2013/10/30

かがみも…(以下自粛)






ハロウィンは日本に根付くのだろうか?仮装の衣装だとか、トリック・オア・
トリートのお菓子だとか、商業と関係しているから根付かせようとしているの
かしら。個展会場への通勤電車でもラムちゃんのようにツノをつけ、黒っぽく
ドレスアップした30代女性やら、幼稚園児とおぼしきピーターパンが普通に 
乗ってたりしました。アーティスト写真を撮ってもらいにいく時、ちょこっと
おみやげを買いにケーキ屋さんに入ると、ショーケースにはハロウィン色の 
ケーキがあって、でも、白いクリームの上にオレンジ色のカボチャが乗った 
これは、がみも…(以下自粛)にしか見えなくて一人、ふふふ、となる。 
外資系ホテルのケーキ店にあると、ちょっといとおしい。ジャパニーズはね
このこの色合いと形でお正月のアレを連想するのだよ、などと文化交流的に 
おしえてあげたくなるような可愛らしさというか。クリームをつぶさず持って
いく自信がなかったので、代わりに、下からミルク・カフェオレ・コーヒーと
三層になったゼリーをかいました。                   




2013/10/29

辻恵子展「日めくりの日々」東京会場(@芝生)レポート







辻恵子展「日めくりの日々」東京会場・cafe+gallery芝生での会期が終了しました。
入り口の窓には、マスキングテープで題名と会期を貼りました。          






じゃーん。入り口から見える壁面はカラフルに。右下の絵本コーナーには「マークのなかにかくれたかたち
と「まるをつくる」が。右は第一画集「K for KIRIE」。残り少ない絵本「かくれたかたち 1 2 3」の芝生 
での在庫は会期中に売り切れ、感慨深かったです。*まだ、いくつかの取扱店にございます、そこにある  
ものが売り切れた時点で完売です。お早めにどうぞ。                         




じつは会場の芝生のギャラリースペースが、新しいレイアウト
なって初めての展覧会だったようです。ライトをつけて頂いて、
箱の中を覗きこむような構成にしてみました。        







芝生と同じ通りの文具店・ハルカゼ舎日めくりに  
ハサミをいれた切り絵作品を展示。◯◯の日、と一言が
入った日めくりだからこそ出来た作品。言葉に導かれ、
想像を掻き立てられ。365日全部をつくることができな
かったため、はじめての注文制作もお受けしました。 






搬入のときに、関係者(ギャラリーオーナーや、この日めくりの作者の間瀬さん)が、わー。とか言いつつ
見てくれました。これ、物干し竿のとこ、日めくりの外側を切ってつかってるんだよーと、オーナーの  
遊佐さんが穏やかに・でも驚いたようにいっていたりとか、「小さな息づかいが聞こえる日」というのを、
私は猫の息づかいとして作品をつくったけれど、じつはこの子のこと…と赤ちゃんを紹介してくれたり。 




初日の次の日から開催された・私がロゴを担当したBook! Book! AIZUの手ぬぐいも東京に初登場しました。
会津に行っているとき以外、ほぼ毎日在廊。ノートパソコンを持って行き、会津のレポートも更新しました。



大阪会場はもう少し広いし、と頑張って作り過ぎたかな?作品点数多い!と驚かれました。窓際はとくに。
受注製作では、同じ日付を3人もの人が注文してくださったり(なにごと?と思いました)、たまたま同席
していたので目の前で制作をしたり。トリツカレル日。かわいいお化けができました。         
↓   





搬出のとき、日めくりの日々の題字を窓から剥がすと、「くりの日々」に 
なっていました。なんか美味しそうだ。秋だし。ともあれ、お出かけ頂いた
ご協力くださった皆様、どうもありがとうございました。経堂駅からずっと
長〜く歩くのに、個人商店の多い商店街、いい!と言って下さる方も多数 
いらして、うれしかったです。                    





第二画集「日めくりの日々」も、個展初日に刊行。デザインは、芝生のオーナーでもある 
デザイナーの遊佐一弥さん(ユーリ&デザイン)にお願いしました。初版の部数はそれほど
多くはないのですが、それでも、予想を上回る好評に、東京での会期終了と同時に大阪展の
ために第二版を発注しました。                           





東京会場は世田谷区・経堂の cafe + gallery 芝生。合同展に参加
したことはあれど、同所が前オーナーの店だった頃から交流がある
にもかかわらず、個展をするのは初めてで、感慨深かったです。 

11月に大阪のiTohenに巡回することは最初から決まっていたの 
ですが、東京会場の会期中に、その「前オーナー」の店・   
山口県のロバの本屋にも巡回することが決定しました。    

初個展からちょうど15年目の秋、旅はまだまだ続きそうです。 






辻恵子展「日めくりの日々」(東京会場) <終了しました>
会期:2013年10月11日(金)〜10月29日(火) *水休   
時間:13:00-20:00(日祝・最終日は19時まで)      
会場:cafe + gallery 芝生                
住所:〒156-0052 東京都世田谷区経堂2-31-20      
電話:03-3428-5722                  
交通:小田急線 経堂駅北口より徒歩10分          
              *フェイスブックイベントページ

           → 会場のホームページでの紹介記事(ブログ)
         →  ハルカゼ舎のブログでご紹介頂きました(8/4)




2013/10/28

「植田正治の道楽カメラ」での山本純司さんトークへ





個展開催中ですが、クローズの時間(8時)まで在廊せずに抜けだして、トークイベントへ
いくことにする。これは見たいのだ。眠気を吹き飛ばすべく、濃いめのカフェオレを、植田
正治の可愛らしい奥様に見つめられつつ飲む。                   





経堂始発〜渋谷行のバスに乗って、途中ウトウトして。東京人でも
気合をいれないと歩けない街・渋谷。何年ぶりだろう、渋谷。  



文化村の近くのATSUKO BAROUHへ。かっこいい外観のビルだなあ。
(内装もナイス)



画廊は撮影できないけど:欲しかった、あの切手も手に入れられました。







話者は、Book! Book! AIZUでもトークをしてくださった編集者の山本純司さん。
分厚い資料、次のページがすけて、門の中に女の子がいるみたいになってた。  






トークイベントのドリンクチケットで「モスコミュール」なる物を飲む。
案外つよいお酒だったので、ほろよいでトークをきくことに。最初、  
バッグの中でボールペンがみつからず端末にメモしていたのだけれど、 
途中からペンでガリガリと走り書きする。画廊の写真もスケッチし放題 
ではないか。なんと贅沢な。思えば線画かいたの久しぶりかも。楽し。 






お話の内容も興味深かったです。あとで追記するかも?

そこに          
立っているだけで
君をみとめるよ
という
写真


走り書き、筆跡がひどくて、あとで
解読できなそうだけれど。


赤福の木のヘラ





ランチのあとの…赤福、至福。



赤福を木のヘラで食べるとき、いつも思い出すのは、 
これがプラスチックのヘラにだった時期があったこと。
そして木製に戻ったってこと。多分プラスチック製の 
ほうが安上がりなのだろうけど、思い直してくれて  
よかった。食べる道具も、味覚の一部。       




2013/10/27

Book! Book! AIZU 第三回









福島県・会津地方のブックイベント「Book! Book! AIZU」のロゴや

アートワークを初回から担当しています。第三回目の今年のテーマは


「扉をひらく、街をひらく」






10/12 〜 10/14に、メイン企画の一箱古本市や、トークイベントなどが開催されます。

上の写真とスクリーンショットは、前宣伝のチラシとホームページでの告知。切り文字を
辻恵子が担当しました。絵の入った案内状も制作されます。デザインは会津木綿の模様が
印象的だった初回の案内状や、私のK for KIRIE」と同じく、佐藤温志さんが担当。

当イベント発起人の oraho の山本晶子さんや、昨年の辻恵子展の会場でもある喜多方の

食堂つきとおひさま、その他地元の皆様もイベント開催に向けがんばっているようです。
私は会津出身でも何でもないのですが、縁あって初回から関わっています。      

初回の Book! Book! AIZU は、震災直後といってもいい2011年6月に開催されました。
東京在住の会津っ子であるoraho晶子さんが中心となってこのプロジェクトが動きだし
その後に震災があり、果たして続行できるのか、実現するのかと思ったほどでしたが、 
皆さんの働きで、とてもいいイベントになりました。本と向き合う「普通」のことが、 
特別なことに思える時期でした。                         



余談ですが、その時、駅に向かうタクシーの中で晶子さんに新島八重がいかに格好良いか
という話をしていて、帰った途端、大河ドラマに会津(の八重)が選ばれたと聞いて  
驚いたのでした。今年は、そのドラマの放映中の開催。八重関連で秋の会津へ観光に  
お出かけになる方も多いかもしれませんね。                    

昨年、第二回は発起人の晶子さんはお休みで、喜多方にUターンして震災後に店を開いた 
つきとおひさま五十嵐ご夫妻がイベント中心人物となり、会津若松と、喜多方会場での
同時開催といった形で、また違ったおもしろさが生まれました。今年、第三回は晶子さんも
復帰、どんなイベントになるのだろう、とわくわくしているところです。        

地元や、お近くにお住まいの方にイベントを楽しんで頂くだけではなく、まだ会津を訪れた

ことがない方々にも、Book! Book! AIZUをきっかけに「あ、行ってみようかな」とか  
「こんな場所があるんだ!」と知っていただける糸口になったらいいな、と思います。   
かくいう私も、初回に訪れた会津が初めての東北だったのですが。           







春に刊行した画集「K for KIRIE」と、10月11日に出たばかりの「日めくりの日々」も
会期中にBook! Book! AIZUギャラリー(会津若松市でのイベント)と、喜多方の食堂
つきとおひさまで販売。「K for KIRIE」のブックデザインは、Book! Book! AIZUの
案内状と同じく佐藤温志さんです。                       






ーーーーー イベント内容ーーーーー> お申込み・最新情報はこちら



食堂つきとおひさまでのイベント】(喜多方)

・会場:食堂つきとおひさま

・その他の会場



【会津若松市内でのイベント】*開催場所など詳細は後ほど更新


【その他の地域】


    Google+







 

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...