2015/04/03

ノマド・ポポタム・新玉ねぎ





男の背中、のほうが女の背中、よりも"絵になる"のかしら〜、とパチリ。




東大の背の高い木々、すきです。木のシルエットは、グロテスク?な例えだけれど
脳の血管を思い出す。"皆、頭の中に一本の木を持っている"…なんちゃって。  





ここ3日間、谷根千(東京の下町:谷中・根津・千駄木)に通っているなあ。
café NOMADでマキアートをいただく。なぜ3日連続で谷根千か、というと 
仕事で関わったドラマ「紅雲町珈琲屋こよみ」のポスターや葉書くばり。  



1日めは旅ベーグル(と、少し離れた小石川の橙灯)にポスターをお持ちする。
*ノマドは定休日、葉書は夜届く。2日めは谷中ボッサに葉書を置いていただいて
(たまたま数年ぶりに某店主さんと再会)、前日お休みだったノマドと、古道具
Neglaにポスターをお持ちする。ノマドは開店前だったので、今日(3日め)、
写真を撮らせて頂く。インスタグラムはNHK広報さんみたいに紅雲町まみれに
なってしまいましたが、ポスター関連は、これにて一段落。失礼しました。 



10年前、2005年に個展をしたことがあるカフェ・ノマドの本棚には、私の本も
揃えて頂いています。今は手に入りづらいこの絵本「かげはどこ」は私にとって
初めての絵本のお仕事。ノマドにおでかけの際は、ご覧下さいね。貼り絵です。



・・・・✈


ぶーん。低空飛行の飛行機。私は電車移動で、根津から目白へ。




今日はとても風が強い。桜吹雪、花吹雪。



ポポタムで初日だった渡邉紘子さんの「The story of a spring collector」を
いの一番で見に行きました。強風の今日なら、この案内状の写真のように、 
虫取りアミで花びらが捕まえられそうだなあ。              




ブックギャラリーポポタム、じっくり時間をかけて本屋のほうのエリアで 
あれこれ見て、茂田井武の「アサノドウブツエン」を買いました。登場する
動物たちの顔が険しかったり、ニコニコしてないのがいい。眉間にしわ寄せ
三白眼のウサギだとか。水彩による手作り絵本、オリジナルは1947年の作。



ポポタムは10周年だそう、京都のyugue(ゆーげ)のクッキーを頂きました。
ザクザク、うまうま。ありがとうございます、おめでとうございます。   




いただきものばかり、奈良の伯母から新・玉ねぎ。
春の味でした。










0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...