2015/08/31

個展準備日記:窓辺オフィス/自主制作本・第4巻は第40回個展で





窓辺の面々。左のふたつは鉱物、真ん中は五月女寛さん()の家のオブジェ、
右端の耳が折れちゃったガラスのウサギのとなりにいるのは、本人たちは覚えて
ないだろうけど(今はティーンエイジャー)、友人の娘さんたちが、小さな手で
「ハイどーぞ」、と2003年の個展の時に手渡してくれたオランダ土産です。   




個展準備のため、コンピューターを窓ぎわに追いやってみる。明るいし風は 
気持ちいいし、ずっと座ってるとしんどい(どっか、と座り込んでしまうより
足がしびれて→ちょくちょく立ち上がり・動けたほうがよろしい)し、これは
なかなか良いかも。立てかけていたフラ・アンジェリコの聖母子、壁に飾る。



後日



天女・伎藝天の絵葉書も加わりました




夕食時、録画しておいた「スタンドバイミー ドラえもん」を途中まで、みる。
映画館に観に行こうか、と思ったほどだったんだ、これ。絵がとても可愛い。
ところどころ、本物かと見まごうようなコンピューター・グラフィックス、 
きゅん、とする仕草。最後の最後は又、あした。             

夜、窓辺のオフィスにLEDライトが導入されました。秋の虫の鳴き声、夜風、
きもちいい、けれど、いや、はよ仕事おえたくなる、正座は足がしびれます。
←思わくどおり。だめ、だらだらインターネット。およびPCしごと。    








昨晩は次回個展の案内状の画像を、アチコチ(ホームページフェイスブック
ブログツイッターグーグル・プラスノート…)に更新していたので、今日は
逆に、家に居ながらにして、よく体を動かした日。仕舞いこんだ額縁を出したり
書籍や細々したものを数えたり、揃えていく作業。10月の個展でお分けできる 
くらいに在庫がある絵本二種類と、自費出版本と、豆本ひとつ)のほかに、  
閲覧用の本、資料などを箱に入れていく。「日めくりの日々」は、刊行以来、 
少しずつ増版しているのですが、毎回すこしづつ色みが違います。第三版(手前
にある、ティファニーブルーのような淡い水色)と、四版(奥の、強い水色)、
両方ならべます。お好みのほうを、どうぞ。今回の展覧会でも新刊といいますか
ちょこっとした冊子を刊行予定、今日もデザイナーさんと、やりとり。もうすぐ
入稿です。自費出版本は、ギャラリーみずのそら(次の個展会場)で個展をした
時に第一弾を出して、同じ画廊で、第40回の個展に、
第四巻目を出す不思議。 
           ↓       





辻恵子 第40回個展「A Heaven in A Wild Flower
会期/2015年10月3日(土)~10月12日(月・祝)*10/5(月)6(火)休み
会場/ギャラリーみずのそら(東京・西荻窪)












0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...