2016/07/22

沢山展覧会を見る日:銀座→ 汐留→ 六本木






前日の更新ラッシュで、「にゅ、入力が
必要だ…」という感じ。ぐだぐだ過ごす
よりも潔く外出をしてリフレッシュして
から製作にとりかかろう!と、出発。 
都知事選の期日前投票に出かけてから、
まずは銀座へ。毎年恒例のソニービル
水族館イベントを通りがかりに愉しむ。
ソニービル、近日、二年、空き地にする
とか。この光景もしばし、おあずけ? 





どこに行くと特に決めず、ggg(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)で
ADC(アートディレクターズクラブ)展、資生堂ギャラリーで、フリーダ
カーロの遺品を撮った石内都さんの写真展。それから、テクテク汐留へ、
パナソニック汐留ミュージアムでミケランジェロ展、建築関連がメインの
展覧会だったのだけど、自筆のソネットに添えられた、走り書きのような
自画像が、システィーナ礼拝堂の天井画を描いているところ、と説明され
ていて、でもなんだろうこの、うさぎの耳のようなのは???と、思わず
模写する。笑。聖母子像のマリア様の口元が上品。幼子イエスのおでこが
丸っこくて愛らしい。今日はまだまだいくよー、と、電車で六本木へ。 




森ビルでの「ジプリの大博覧会」へ。
入場に行列しないで済んだだけでも、
おっ♪ ラッキー!と思ったのですが、
甘かった…というほどの混雑ぶりで、
ほとんど展示物を見ずに逃げるように
目的の展示室へ。あ、猫バスには、 
しっかり乗車しましたけれどね。  
ふかふかでした。         



お目当てだったのは、こちら。同時代人で大好きな
作家の一人、鯱丸邦生さんが監修した展示室。  
ジプリ美術館の屋上の巨人兵、汐留の日テレ大時計
など、大きな作品が多い印象、ですが細部もすごい
のです。そして、動きます。清々しい気分で外へ。




それから、私が昨年個展をしたギャラリーみずのそらの
常設で作品を拝見していたり、共通の友人もいる、松本
裕子さんの展覧会へ。しばし立ち話。ガラス作品の印象
が強いけれど、今回は木彫の立体作品がメイン。手に 
乗るくらいの頭部に小さなガラスのピアスをしていたり
繊細。松本さんの展覧会に行く途中で荒木経惟さんの 
「センチメンタルな旅」展にも立ち寄りました。    



帰り道、落し物の貼り紙に目がとまる。
落し物まで洒落てる、麻布らへん。  


この雑草コンビもすてきでした。







0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...