2016/10/10

小倉での作品展:北九州・・・・✈・・東京







北九州・小倉での辻恵子作品展
搬入、イベントを終えて、会期は
まだ続いていましたが(後日、 
これを書いていますが10/16まで
開催されました)、東京に帰り 
ました。乗る飛行機、これかー、
誘導のが♡マークになってるーと
眺めていたのは、初めて入った 




特別待合室?のような空間
でした。ふわふわソファ。




車輪のついたカバンを窓口に預けて
しまってから、カボスと銀杏を  
買いました。(重かったけど美味 
でした)。辛子明太子なんかも。 





北九州空港には、着いた時には気づか
なかったけれどメーテルが居ました。
松本零士、そして同じ「松本」さんで
松本清張も、北九州に縁があるそう。
メーテルにガイダンスされて飛行機に
乗ったら、なんか宇宙に連れて行かれ
そうだナ・・・と思っていたんだけど



あー、我々は宇宙に住んでいるんだな!と
思う景色を飛行機の窓から見ました。青空
とは違う、深い青。宇宙に住みつつ宇宙に
いる自覚なしって不思議。普段の私。  



 

飛行機に乗っている間、モニターで
地図を表示させて、どの辺を飛んで
 いるのか観察していたのですが、  
北九州から東京にいくより韓国の 
ほうが近い。わかってはいたけど、
こうやって見るとすごいなあ。  




機内のラジオ番組には、辻恵子作品展
でのトークイベントでナビゲーターを
務めてくださった立山律子さんの番組
も!ありましたよー。       



連休終わりの飛行機だったからか、
満席の機内でした。着陸に向け、 
高度を下げていくときに、雲海の 
先に何かが見えました。あっ!  
富士山!うれしい景色でした。  

話は逸れますが、「つじ」という
私の名前は電話口で、たまに、 
聞き返され「えっ?フジさん?」
と言われることがあるもので、 
なんだか親しみがあります。笑。

*そしてフジケイコっていったら
宇多田ヒカルさんの御母様。
ツジケイコと、フジケイコは
一文字違いなのです。   



なんて言ってるあいだに、
ただいま東京、羽田空港に
到着して、モノレールで 
浜松町駅に着くと・・・・




宇多田ヒカルさんの看板が
お出迎えしてくれました。
「よっ!おつかれさま!」
とかヒカルパイセン口調で
言われたような気分。  




0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...