2016/10/17

撮影 @ カワウソ → 某所打合せ → デザインの解剖展 @ 21_21






10/14、朝から蔵前のカワウソへ。過去一年の仕事から
数点を掲載しているイラストレーター年鑑に載せる
ポートレートを、大沼ショージさんに撮って頂きま
した。前日に髪を切ったのは、心機一転!だけでは
なく、この撮影きっかけというのもあり。撮影を 
してもらいつつ、初めて聞いた言葉の表現があり 
ました。強すぎる光を分散させるために半透明な 
紙を窓に貼る時に、「光を散らす」?だったか、 
そんな言葉を使っていて新鮮でした。光と、影と、
構図と、表情の固い被写体(私)の和ませと(笑:
スミマセン)、写真家、色々なことを同時に感じて
撮っているんだなあ、と感動ものでした。    





撮影後、上の階のNAOT(イスラエルの靴屋さん、 
奈良のお店は6月の個展の会場です)のシャチョー
を交えて、コーヒー休憩。右が写真家・大沼さんで
先日、最終回を迎えたばかりのNHK連続テレビ小説
とと姉ちゃん」のオープニングの写真を撮った方でも
あります。ととOPチームの一員です。NAOTでは、
朝ドラや、その主題歌(宇多田ヒカルさんの「花束
を君に」のミュージック・ビデオの原画も展示した
ので、大沼さんの事務所(カワウソ)に置いてある
フォトプロップスを手に、撮らせてもらいました。



そのあと、某所に打合せに行ってから、
六本木の21_21デザインサイトへ出かけ
ました。例によって後日書いていますが
この日初日だった「デザインの解剖展
に、山口県を拠点に活動している作家 
仲間の二象舎:原田和明・めぐみ夫妻が
いらっしゃっている(&出展している)
とのことだったので、これは是非!と。

 

記念写真、パチリと撮ってもらって、
ご夫妻でも、撮らせていただいて。 
和明さん、分身の術を使ったみたいな
画像になっちゃいましたが。笑。  



こちらが今回、原田さんが
出展してらっしゃる作品。
動いているところは是非、
会場で!御覧ください。 





佐藤卓さん、そーなんだよ!と見出しだけで大いに頷く。
私が「A Heaven in A WIld Flower」という冊子の後書きで
ふれた、ブレイクの詩にも通じるような言葉と思う。  


  
  
会場の一角には、「おいしい牛乳」のパッケージが
別の字で「◯◯牛乳」と組み替えて遊べる積み木
ありました。私がパッと作ったのは「やき牛乳」。
明らかにこれは北九州の名物「焼きカレー」に  
インスパイアされた名称だな!と作ってから気付き
ました。*まだ食べたことないんだけれど、お土産
頂きました、ありがとうございます!      

0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...