2017/02/25

波多野光 展へ:繊細さとダイナミックさの事など




数年前の個展「ある」の会場のオーナーとしても交流がある作家仲間の
波多野光さんの作品展に出かけました。彼女の作品は緻密に描かれて 
いて、ザーッと「一筆がき」のように切り出す私の製作とは真逆の  
ような繊細な作業なんだろうなー?と考え、いや、私の作品も繊細と 
言われることがあるけど、「繊細」の種類が違うんだな!などと結論も
なく、思考してました。神経を尖らせて?感じ取るようにして、心血を
注いでるとこは同じ。緻密に緻密に描き込むばかりでなく(私の場合は
細かい・細い部分を切ったりする部分か)、躊躇せずダイナミックに 
描く・切るとこがあるのも同じ。                 






0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...