2017/02/23

「暮しの手帳に教わる日」 & 砧公園(花森安治展)に行く日






自主企画本「日めくりの日々」で切り絵作品にした
ハルカゼ舎の日めくり、2月23日の言葉は、   
「暮しの手帳に教わる日」でした。        

右に写る「暮しの手帖」第1号は、昨年、私が  
オープニング映像の絵を製作した朝ドラ     
「とと姉ちゃん」の放送開始日に、古物商の    
友人がプレゼントしてくれた思い出深い一冊。  

       → その時の話はこちら

左上は、4月まで世田谷美術館で開催中の    
(言わずもがな、「暮しの手帖」編集長の)    
花森安治さんの展覧会のチラシです。同誌の   
編集部の方から招待券、頂きました。感謝!   

*ちなみに、一つだ説明なしだといけないので  
書いておくと、左にあるのは「とと姉ちゃん」の 
主題歌「花束を君に」のキャンペーンで作って  
くださったフォトプロップです。        




2月23日:ハルカゼ舎の日めくりが「暮しの手帳に
教わる日」の日には、世田谷美術館に出かけられ
なかったのですが、学生時代の友人夫妻と都合を
合わせて、数日後に出かけてきました。美術館が
ある砧(きぬた)公園は小春日和で、梅や木瓜が
美しく咲いていて、ピクニックシートを広げて 
くつろぐ家族づれがいる週末でした。     





「僕は編集者である。僕には一本のペンがある。」という
入り口の文章を見て、つい脳内で英語に変換してしまって、
「I am an editor. I have a pen」(…ピコ太郎?)と思って
しまいました、ごめんなさい、花森さん。      

展示されていたものは圧倒的で、例えばりんご箱で作った
椅子の洒落たデザインだとか、手書き文字のポスターの 
存在感だとか、言葉の力だとか、デザイン力だとか、  
目の付け所、そして具現化する力、人に押し付けず、  
でも「おっ」と思う、気になるようにするチカラ。   
職業にカテゴライズしたら編集者で画家でコピー    
ライターでライターでデザイナーで・・(まだまだ、  
ありそうだ、恐ろしいほどだ)。           

柔和な世界観と、怒号のような強い語調と眼光の鋭さの 
ギャップ。男性的な頑固さと、女性のような柔軟性を  
兼ね備えた存在だったのかしら、と思う。実際の彼に  
ついては深く知らないのだけれど(勉強中です)、   
ドラマ「とと姉ちゃん」で常子(大橋鎭子さんがモデル
役)は「とと姉ちゃん:父としての娘」で、花山(花森 
安治さんがモデルの役)は「かか兄ちゃん:母としての 
子」で、その二人がタッグを組んだ時にできたのが、 
あの雑誌だった。                  

男女、どちら側の視点や立場に立って物事を考えられる 
公平さというか、普遍性は強いな。          

戦時下に、「進め 一億 火の玉だ」など、戦争に向かう
情勢を後押しするような文言やポスターを作っていたのが
資生堂の初期のデザインなどを手がけた山名文夫らの集団
(で、花森さんも属していた)「報道技術研究室」だったと
知って、驚いた。花森さんについてはドラマで知っていた
けど、あんな優美な世界の山名さんまで!!という驚き。
父が勤めていたような広告代理店の走りか、とも思う。 







この間あった時にはまだあまり言葉を
発しなかった小さな子と、乳児連れ 
だったので、さっと展覧会を見て、 
外へ。遊具で遊ぶ友人の子を見つつ、
積もる話をする。         




生まれたての、この子とは 
「初めまして」でした。   





帰り道に、友人夫妻の車の窓から
鯱丸邦生さんの作のロボット兵 
(ジプリ美術館)が見られたのも 
嬉しかったです。実はお初です。









0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...