2017/04/30

切り絵のブックカバーがお求めいただける場所






2012年に仙台での合同展の際に制作・デザインした
ブックカバーを、2017年のイベント紙博に合わせて
復刻しました。2017年4月現在、下記のお店でお取り
扱いいただいています:            


ハルカゼ舎(東京・経堂)★仄仄(東京・駒込)★イリアス(東京・谷中)

★北書店(「貼リ切ル」刊行記念イベント会期中のみ)








2017/04/28

銀座でディック・ブルーナ展〜渡邉良重展





4/28: ブックカバーのお届けをしてから、ディック・ブルーナ展
@銀座MATSUYAに出かけました。横顔+ブルーナといえば
          ↓



3年前、ブルーナハウス
 くれた写真みたいです。 

 *


3年前にブルーナの街(?)ユトレヒトに行けた時は、
(当たり前だけど)ご存命 だったんだよなあ、道端で
会えたらいいなーと密かに期待していました。叶いま
せんでしたが。今回の展覧会でメイン作品と言っても
いいであろう「De Beer is Dood」(クマ君が死んだ)
は、最後の作品だったのかと思ったら、2011年に制作
されたが、死後に発表されるのがふさわしいだろうと
未発表のままだったよう。ちなみに、翌12年に引退。
絵描きというのは自分で「やめた」と言わない限り 
現役のようなもの。色々考えてしまう。      



「家政婦は見た」?



ドアップ。



トーキョー・イズ・セチガライ
日本のデザイナーたちの、  
トリビュート作品もおもしろ 
かったです。(ここだけ撮影 
可能でした)。       






可愛いお嬢さんたちと一緒に
出かけていたのですが、  



なんとなく洋服の色と
よだれかけの色が、 
ブルーナ色でした。 :)









画廊はしご、渡邉良重さんの展覧会へ。



こういう、細部がニクイね。
(足元のイチゴ、一粒)。 






帰り道、うお座のマークのような
並びで金魚が休んでいました。 
作り物みたいに静止して。   





2017/04/27

合同展開会式前に、映画「The First Monday in May」





4/27:朝から渋谷へ。


東急百貨店での「NHKハート展」の
開会式の前に、会場・隣の文化村で
映画を観ました。        


ニューヨークのメトロポリタン美術館で
年に一度、開催される「メットガラ」は
服飾のイベント。私はツイッターで知り
どういうイベントなのかもよく知らない
まま、うっとりと眺めていたのですが、
美術館の中で服飾は、美術品の主役の 
ような存在の油絵などと同じ「アート」
であるのか?と、あやふやな部分もあり
(デザイナー自身、私はドレスメイカーだ
と公言している人もいて)、作業をする
部屋も、地下室。運営資金を集める事も
目的としているそうです。「VOGUE」の
敏腕編集長が、ゲストの席順から細かな
演出に至るまで取り仕切ったり、そして
夢のような世界でありつつ、きちんと 
莫大な利益(と、世界に「なんて素敵な
文化を持っているんだろう!」と感嘆 
させる力)を発生させている。すごい。



彼が他界したのが2016年6月で、この映画は2015年のメットガラを追っているので
もしかしたら、ビルさんが撮った、最後から二番のメットガラだったんだな。  
*彼の撮った2016年のメットガラの記事はこちら:NY Times(5/6更新)




話を元に戻すと、この映画で軸となって
いる人物は、同美術館 服飾部門の学芸員
アンドリュー・ボルトン。ボルトンさんは
10代の頃から、メトロポリタン美術館の
服飾の学芸員になりたいと思ってたとか。
を作り上げていく様子、自分も展覧会を
作るときと重ねて見ていました。上の 
ポスターのシーンは、展示物のドレスの
裾の位置を調整して、少し離れて眺め、
さらに直しているところ。あ、あと、 
前のあそこも・・・と思うやいなや、 
(まさにこの写真の場所を)直して   
くれたので、「ん!わかってる!」と 
嬉しくなりました。映画の大部分は、
裏方たちの場面で、残り一割くらいが
華やかな宴のシーン。繊細に細部まで
心配りされ、上質に作り込まれた空間
や演出は、「頑張りました!」と額に
する事もなく、優雅に夢の世界に 
いざなってくれる。そういう仕事が、
我々の仕事なんだ、と同士のように 
思う。苦言を呈するならば、先日、 
学芸員についての失言をしたあの人
見せてあげたいわ、とも。     













2017/04/26

新聞広告:「天才はいない。」







 。

…というコピーと、左下にクライアント名の 
「早稲田アカデミー」のみの広告。素晴らしい。

紙面の中央には「天才」子役と言われてきた  
芦田愛菜さん。              

天才!と呼ばれる人は、えー、これは「天」が 
与えた「才」能で、自分の努力とか経験して 
きたこととかは評価の対象外なんですか?って
寂しく思うとこもあると思う。       

彼らは水面上はなんてことないことをしている
かのような優雅な表現で人々を魅了しつつも、
よく白鳥の水面下の脚に例えられるように、 
きっと人一倍のマメさや、たゆまぬ努力や、 
学びなどなど、積み重ねたものがあり、それら
と、天が与えた才能や素質で驚くべき引力や、
発見や、魅力を身につけるのだと思う。   

…とか、塾(早稲田アカデミー)に行く機会は
私の年齢で、もうきっとないけれど、そういう
関係のないような人に対しても最小の表現で 
あれこれ思いめぐらせてくれた広告。すごい。
いいなあ。こういうの、洒脱っていうのかな。








グランスタ・TRAINIART(トレニアート)の東京駅絵葉書







東京駅の商業施設・グランスタが、4/27に増床をするのに合わせて開店する
TRAINIART(トレニアート)に並ぶ絵葉書の絵と切り文字を辻恵子が   
製作しました。デザインは、「&」表紙やマーチエキュートの      
マスキングテープでもお仕事をご一緒したリドルデザインバンクです。  



東京駅の地下中央口から改札内に入って右折すると
構内図はこちらをごらんください)、      



地下中央口のすぐ右手の角にお店があります。
お店の情報はこちら)。          






スタンプや、マスキングテープなど、
電車にまつわる雑貨類が、ずらり。 
東京駅をご利用の際はぜひお立ち寄り
ください。            






 

また、同じくグランスタ(東京駅の商業施設)の、TRAINIARTの近くにある
手ぬぐいの「かまわぬ」のお店・SHARED TOKYOでは、下の写真のような
銀座手ぬぐい他(トートバッグ、絵葉書、Tシャツ、ボトル)もございます。
ぜひトレニアート〜シェアードトーキョーを、ハシゴしてみてくださいね。
*シェアードトーキョーは、昨年の増床の際にオープンしたお店です。  
シェアード・トーキョーの情報はこちら。アートの向かいのブロックを
少し中に入ったところにあります)               








2017/04/24

ふらり、西荻・みずのそらへ





ふらり、西荻窪へ。





こんにちは、恵子さん(先代の 
画廊主の像)。広げた手の主は、
靴作家・ウズラひろみさん。 




心地よい空間で、しばしおしゃべりして
帰りました。本当、素敵な空間だなあと
感嘆しつつ。            


*以前、個展を二回(この時と、この時
開催したことがある画廊で、常設の 
スペースでは私の本などもお求め  
いただけます。ちょこっと宣伝…。 
展覧会の時だけオープンしてます; 




2017/04/23

WILD SWANSのアトリエ落成式へ








4/23、革の製品を作るC.O.U. WILD SWANS
アトリエの落成式に参加しました。いい天気!



成田空港が近いようで、
頭上には、しょっちゅう
旅客機が見えて、わー♡
いいなあ、どこに行くん
だろうなあ、と見上げて
いました。      





挨拶の後に会食、その後には
宮内優里さんの演奏もあり 
ました。(生で拝見するのは
二回目!)。宮内さんが  
乗っている作品は、尊敬する
同世代のアーティストの一人
鯱丸邦生さんの手によるもの
で、全体像は・・・    


こんな風に塔のようになっていて、
さらに隣にある建物と、地下で  
繋がっていて、         

↓           


こんな風に行き来ができる
ようになっていました。 
ハンドル部分が、両側から
持てるようになってる所が
かっこいい〜!     




塔の展望台の床の裏は、こんな
風に有機的な線が美しい。硬い
金属で出来ているのに、柔軟さ
も感じるのが素敵です。   


こうして作品の中に植物が組み込まれて
いるのも素敵です。ただ古くなっていく
だけではない、経年の楽しみ。(はっ!
革製品も同じか!と、書いていて気づき
ました…)。            




鯱丸さんといえば、の、ジブリ美術館の屋上に 
あるロボット兵の像にも、植物が仕込んであると
テレビ番組で見たことがあります。日テレ大時計
には植物はないのかな・・・。(多分ないです)




話を元に戻すと、短いトンネルで塔と繋がっている建物の中にある
食器棚も、からくりのようになっていて美しかったです。木工作家
か、建築家の方とのコラボ作品だとか。かすかに奇妙な藝術家的な
自由な発想・想像力で、いたって真面目な・職人的な技術力で作る
のが鯱丸作品のいいところ、という気がしています。*年上、先輩
に偉そうにすみません、ですけれども。           

 



家の設計は別の方(大工さん)の
手によるものだと思いますが、 
この丸み!そう、そう、こういう
細部が大事で、ふふふ、ってなる
んですよ、と、一人うれしく見て
いました。          






落成式の後は、子供達が
塔に登ってシャボン玉を
飛ばしていました。絵に
なる風景で、ぽわーん。






革製品だけではなくて、なぜか
(話すと長い)イチゴのことも
業務の一部になったようで、 
会食には山盛りのイチゴ。春の
味をいっぱい頂きました。  




あっという間に帰る時間で、こんな
景色を見ながら(本当は行くときに
撮った動画です)、駅へ。空が広い
のと、「新」利根川ってあるのか!
と驚きました。いい景色。    








駅に送迎してくださった車は
会社のロゴ入り。記念写真を
撮ってたら、30分位に一本の
電車を逃しそうになって焦り
ました。(あれっ、一緒に 
車で駅に来たお二人が居ない
…はっ!)。       




竜ヶ崎駅も、レトロで素敵でした。
着いたときに撮っておいて、   
よかったー。          




この日に伺ったアトリエの最寄駅
竜ヶ崎に行く電車は、関東鉄道
いうのですが、佐貫でJRから乗り
換えをして、入地、竜ヶ崎、と 
とても短い路線でした。駅名の 
手書き文字も、いい味出してる。




帰り道の常磐線は、
ボックスシートに 
座って、ちょっと 
旅行気分でした。 






LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...