2017/05/30

金沢旅番外編:SHINKANSEN YEARの掲示物 @ 上野駅






番外編?「貼リ切ル」金沢旅の旅の終わりは
上野駅にしました(本当は東京駅まで切符を
買ったのですが、思い立って途中下車)。 
改札に、こんな手書きのホワイトボードが 
掲げてあって、温かい気持ちになりました。



後日、別の駅でこんなポスターも発見。
シュッとしててかっこいい。手書きも、
どちらも。             





「貼リ切ル」展で金沢滞在・三日目:プール作品の下へ







会期中に、と6年ぶりに訪れた金沢。滞在3日目の朝食は、宿と提携
している店ではなくて、昨年、佐渡でご一緒したチャタさんが教えて
くださった「ひらみぱん」に行ってみました。なんと、私の出版記念
展の会場の隣というか長屋・同じ屋根。外国のような素敵な雰囲気。




美味しい朝ごはんをいただいて、満足。
前日のごちそうに続き。食後のコーヒー
の下に、ちょこっと素敵なものが隠され
ていて、な、なんとおしゃれな!と感動
もの。これは現地でのお楽しみに。  



ひらみぱんは8時から営業しているのですが
他のお店はまだまだ営業前なので、テクテク
金沢城公園へ。こちらも、前日の初・兼六園
と同じく:4度目の金沢にして、初。三十三
長屋が見たくて。武器庫だったそう。何と 
なく、大陸の古い建物を思いました。私は 
割と音に興味があるのですが、北陸の方言の
特徴は「なんとかでぇぇ〜」と語尾を伸ばし
て、下げる感じ?と思っているのですが、 
ニュース番組で韓国語のインタビューを聞き
つつ、あれっ?これ、アレ(北陸弁)に似て
る!!とハッとしたことがあり。そういえば
北陸は大陸に近いし、もしかしたら建築など
含めて、渡来文化もあったののかな?と想像
していました。*実際はどうか不明です。 
それにしても、お城は、ちょっとした登山。
いい運動になりました。そして「出口は  
どこっ!」と、逃げそびれた忍者の気分を 
味わいました。*ルーツが、伊賀なので。 






そろそろ開館する時間かなあ?と
21世紀美術館へ。ここは、毎回
訪れている場所ですが、展覧会を
見るのは2回目。前に見たのは、
横尾忠則展でした。今でも語り草
ですが、その展覧会会期中に、 
たまたま細野晴臣さんに遭遇、 


細野+横尾さんと一緒にご飯を
食べたことがあります。信じ 
られないこともあるものだ。 
2009年のことでした。    

***


話を戻して、21世紀美術館「といえば」の
このプールの作品、いつも上から覗くだけ 
だったのですが…            





今回はじめて、下からも鑑賞できました。
兼六園、金沢城公園、プール作品。なんか
ちゃんと「観光」した感があるなあ。  




プール作品は、上から眺める人々の
姿も含めての作品なんだろうなあ、
と感じました。本物の、「ただの 
プール」を上から多くの人が眺め 
るってことはかなりシュールな  
光景でもあり。         





ところで今回、オヨヨ書林に招待券を
いただいてみた展覧会は池田学さんの
The Pen」でした。何よりも印象に 
残ったのは、彼の幼少期の作品の 
展示室。2〜3歳、小さな頃に  
すでに「学くんは絵が好きで」と 
いうような(何かの受賞のことで)
新聞記事になっているくらいだった
というの。私も、賞はもらってない
けれども、私も同じようにハサミで
何かしてたみたいです。昨年末に 
それを思い出してが描いてくれた
絵をここに紹介しておきます。  
*本人承諾いただいています。



歩き始めたり喋り始めたばかりの 
2〜3歳で、すでに仕事というか、
やるべき・好きなことが決まって 
いる人もいるものなのかも、と。 
*上の動画は、ネル・ラボによる
もみじ市」のウェブCMです





21世紀美術館を後にして、朝
ごはんを食べた店の並び・  
戻り、明るい光が差し込む  
状態で写真を撮って、東京に 
戻りました。この絵は、   
とと姉ちゃん」の冒頭の映像に
出てくる作品。帯留めが、あの
涙色の花」なのですよ。 💠





オヨヨ書林せせらぎ通り店とコラボンでの
辻恵子「貼リ切ル」出版記念原画展は
会期、11日まで延長となりました!
ぜひお立ち寄りくださいね。





しぶかわカントリークラブのロゴマークを制作






群馬県・渋川市の「しぶかわカントリークラブ」のロゴマークを制作しました。
デザイナーは、沢山お仕事をご一緒している渡邉朋子さん。文字を最初に
制作し、絵の部分は、ノノホとコーセイのCD「ラララのダンス
(こちらも渡邊朋子さんデザイン)の人物像のシルエットに、
ゴルフクラブをもたせました。徐々に、看板や
ホームページなどにも登場予定です。




2017/05/29

「貼リ切ル」展で金沢滞在・二日目:あちこち散歩







会期中に、と6年ぶりに訪れた金沢。滞在二日目は、月曜日。美術館
など定休日が多いので、特に予定を決めずに散歩をしました。駅前の
バスターミナルは(私を含め)旅人が多く、観光都市だなあと思う。




テクテク、コラボンの近くにあるお寺
お参りをする。その後、神社にも参拝。
お店が開く前から行動する旅人にとって
神社仏閣は色んな意味で「ありがたい」
場所。上の写真は、路地・民家にて。 





東京に出張してくることも時々ある、
岩本清商店、実店舗に伺うのは実は 
初めてでした。「〜工房」の方は  
伺ったことがあったけれども。   
桐(きり)工芸のプレートなど、  
愛用しております。軽くて上品。  



あっ。とと姉ちゃん。(高畑充希さん)。
「難しく考えすぎじゃない?5歳の私に言われました」




(けれども行ったことがなかった)「しいのき
迎賓館」にも行ってみました。会期中、  
展覧会の様子を撮ってきて頂いたのは先述の
岩本清商店の岩本歩弓さんでした。有難う!




せっかくなので、しいのき迎賓館でランチ。
というには高級な店なのですが、旅なので、
いいとします。後で「えっ、あの店、予約 
しないで食べられるんだあ」と言われたり、
土井善晴さんがポール・ボキューズって  
行ったら頂点ですよ、と言うようなことを 
おっしゃっていて、あの(展覧会をした) 
しいのき迎賓館〜という勢いだけでお店に 
入ろうと思えたこと、ふふふ、無知も時々 
いいものだ、と思いました。       





以前、仕事で描いたテーブルマナーの小冊子
絵を思い出しつつ、背筋を正して、料理を  
楽しみました。「孤独のグルメ」のように、 
脳内で「わあ!なんだこれ!美味しい!」等と
感嘆の声をあげたり、微笑んだりしながら。 
アスパラガスのソースが、絶品で、旅疲れも 
ムクムク治っていく心地でした。長野市〜  
松本、間髪あけず三重〜金沢。出張や法事や、
 結構、やすんでないもんなあ。       



メインのお皿。絵画のようです。
料理人はすごい仕事をしてるな。
食べたら血となり肉となるもので
記憶にとどめておきたくなる味と
見た目の美しさと。料理人と、 
食べる人の一対一のライブ感を 
感じました。*料理人=複数名 
かもしれませんが。      



旅先だけじゃなくて東京でだって
こういう料理をたまには食べたら
楽しいだろうな。ボウイさんに、
アスパラガスのソースが本当に 
美味しかったと伝え、しいのき 
迎賓館を後にしました。    





食後の運動がてら、今度は兼六園へ。
金沢に来たのは下見と、二回の個展で
三回。今回は4回目なのですが、この
兼六園といえば「金沢といえば」の 
場所なのに、一度も訪れたことが  
なかった場所の一つ。*もう一つは、
翌日に訪れました。この日は定休日 
だった、21世紀美術館のプールの 
作品。              





大勢の観光客がいるはずなのだけど
広さゆえか、ゆったりした空気感。
全て巡るのはしんどそうなので、 
さらっと散歩をして…      




バスに乗って、新竪町(しんたてまち)に 
ある高知子さんのアトリエ・お店タフタへ。
お久しぶりなのですが、作家同士の共通の 
感覚について「ねー!」などとワイワイ、 
おしゃべりできて楽しい時間でした。   



この本の出版記念イベント?のような催しが
東京であった頃(2016年2月)、朝ドラの 
仕事が佳境で出かけられなかったことなど、
鮮明に思い出しつつ、御本をやっと購入。 
手紙のある暮らし」などでもお世話になった
葉田いづみさんのデザインだそうです。 




私が特に予定も決めずに散歩してる
ことを聞いた高さんが、金沢にミナ
ペルホネンができたのを知ってる?
と情報を下さり、行ってみました。
なんとなく入店することだけで  
デザイナーの「ワールド」に入る 
感じでした。*中の写真は無し。 



話は聞いていて気になっていた、
フリーペーパーも頂くことができ
ご一緒した、大沼ショージさんが
写真を撮っています。     




宿への帰りのバスを待っていたら、
「BE A    」という看板を発見。
「 ** で あれ」みたいな。空白の
部分は自分で決めるものよ、と 
言われているような気分でした。






宿に戻って休憩してから「貼リ切ル」出版記念展
会場の一つ・コラボンに行ってコーヒーを頂いて、
看板犬の「だんご」と戯れ(だいぶおばあさんに 
なっているそう、滞在中、寝てばかり)、皆様と 
会食。金沢滞在二日目は、そんな感じでした。  





オヨヨ書林せせらぎ通り店とコラボンでの
辻恵子「貼リ切ル」出版記念原画展は
会期、11日まで延長となりました!
ぜひお立ち寄りくださいね。





2017/05/28

金沢での「貼リ切ル」出版記念展へ





金沢のオヨヨ書林せせらぎ通り店で開催中の
伺いました。写真は、おまりさん撮影。先日
重版が決定した(!)「かげはどこ」の原画
の前にて。*「貼リ切ル」にも載ってます。




実は会場のオヨヨ書林とは、初めまして
でした。伺ったのも初めてだったのです
けれども、落ち着いた雰囲気で、店内の
展示空間も素敵に仕上げてくださって 
いて、感動ものでした。       





法事で三重に行くことになったので急遽、足を伸ばして金沢に行こうと
思い立ったのですが、前に来たときよりも、駅ビルの商業施設などが 
ピカピカになっていて、びっくり。右上は、乗換した米原駅にて。  

 
  

初めて金沢に来たのは2009年のコラボンでの絵本原画展の下見、二度目はその原画展
三度目は前回・3.11の震災直後といってもいい2011年4月の個展でした。




こちらが、そのコラボン。今回のオヨヨ書林せせらぎ通り店での
原画展も、実は作品集「貼リ切ル」が出ることを知ったコラボン
店主さんが、イベントをしたらいいのに、と提案してくださって
書店での開催の方がいいかも、とご紹介くださったのでした。 



コラボンでも、オヨヨ書林せせらぎ通り店での
出版記念展の会期中、ずらりと私の雑貨類を 
お取り扱いいただいています。原画も1点、 
展示中。是非是非ハシゴしてみてくださいね。




看板犬の「だんご」にも
再会できました。   



@ オヨヨ書林せせらぎ通り店 &コラボン、
6月4日までの予定でしたが、6月11日まで
会期延長!ぜひお立ち寄り下さい。   















LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...