2017/06/11

高円寺散歩、「石、転がっといたらええやん。」








6/11はふらりと高円寺へ。駅前の書店で、バンド「くるり」の岸田繁さんの
本を見つけて衝動買い。アムレテロンテロン坂本千明さんの紙版画、  
教えてもらった店を探し、鳥獣戯画をベースにした絵本も手に入れました。

追記:岸田繁さんの本で、むかぁし新幹線の名古屋駅にあった変わった形の 
トイレが「トルコ式」ということを知りました。それから93番目のエッセイ 
の一節:アーティストたるもの、誤解を恐れずに言うと、人の言うことなんて
聞いちゃいけないし、アーティティックじゃないものに毒される環境にいちゃ
駄目だ。そんなわがままが許されるのは、他人の人生を左右するくらいの  
「芸術」を生み出すからでしかないんだ。だからお金と敬意を払ってくれる人が
いるんだ。…に、大きく頷く。この文を読んでやはり芸術家はワガママね、と
いう人が多いかもしれない、でも、自分の感性を毒すものを排除するような 
潔癖さあってこそ「その人の作品世界」が出来上がることもあり、貫き通す 
には強さと、その、「ノー」と言ったことに対する責任と作品の説得力がある
かどうかが伴う。私が敬愛するアーティストの一人・フィリップ・ドゥクフレ
など、まさにそう。彼は一つの舞台を作り上げる際に有名な衣装デザイナー
を公演直前と言ってもいい頃にクビにした事があると、本人の講義で聞いて
ものすごく驚いた事がある。僕は服じゃなくてダンス・ダンサーを見せたい
んだ、僕の作品にあなたの服はいらないと決めることは、顔色を見て和を 
大事にする事が大事な日本では、なかなかない事。もうチラシも刷って  
しまったし、広報もしちゃったからそのままで行こう、行くしかないでしょ
とはならず、「切った」。でもドゥクフレだからしょうがないかあ、となる
くらいの存在感。そして自分の作品に対する責任感、もしも中途半端に妥協
したものを観客が見て、「ドゥクフレ作品なのになあ」と思われないように
きちんと、嫌われようが波風立てようが自分の描きたい世界観を貫く感じ、
怖くもあり、厳しくもあり、結果が圧倒的世界なのだから説得力もあり、 
これが本当のアーティストだ、と二十代の頃に感じた事と重なりました。 



0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...