2018/01/31

羅介と辻恵子の二人展 @ 堤側庵ギャラリー











山本羅介(らかい)と二人展を開催します。
初めての叔父との2人展です!

「羅介・辻恵子の二人展」
羅介の染付器てん・辻恵子作品展
会期:2018年2月23日(金)〜28日(水)
時間:11時〜18時
会場:堤側庵(ていそくあん)ギャラリー
住所:〒518-0611 三重県名張市新田(しんでん)8
電話:0595-65-3002

FBイベントはこちら

★関連記事(叔父の作品が見られる記事も含む):




会場は、三重県・伊賀を代表する工芸品の一つ「組ひも」
(くみひも、着物などに使う、しっかりと編み込まれた紐)の
工房。どっしりと、とても趣のある外観、中は美術館の
ような展示室です。                




叔父・山本高史の絵付けの時のアーティストネームが
羅介(らかい)です。これは、数年前に撮った作品。


 

叔父の作品、今回は絵付けの作品がメインですが、山本高史としての
切り絵作品でも知られています。ライフワークとも言える、瓦屋根の
シリーズの作品は圧巻です。また、東北の銘菓「かもめの玉子」の 
パッケージの商品名の書も、彼の手によるもの。大幅にパッケージを
リニューアルするときにデザイナーとして私の父が関わりました。 




0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...